風の時代にヒーローズジャーニーは重くなる説

Heroes Journey
日々の呟き

こんちは。すみれです。

  

ヒーローズジャーニーって知ってます?

ざっくり説明すると

普通の(もしくは社会的弱者)の人が、なにかしらの気付きや助言を得て、紆余曲折しながら成功し、それが引き継がれていく…みたいな感じです。

くわしくはググってみてください。

  

んで、このヒーローズジャーニーって、今までヒットを飛ばしてきた映画、小説、ゲーム、漫画、番組などなどそのほとんどに用いられているストーリーの鉄板ネタなんです。

それこそ、作品だけじゃなくてブログやSNSのプロフィール、プレゼンなんかのビジネスにも活用されている手法で、私も結構使ってたりしたんですね。

  

でもね〜

最近このパターンを見ると、「すーーーーーん」ってなるんですよ。

心がね。「すーーーーん」って。

超個人的意見なんですけどね。

  

んでこれの理由を考えてみたんですが、ただ単に飽きたってだけじゃなくて、風の時代に入ったからじゃないかと思ったんですよ。

なんでもかんでも風の時代の性にするわけじゃないんですが、ヒーローズジャーニーって感情のエネルギーの浮き沈みが激しめじゃないですか。

あれって重いっていうか、ねちっこいというか。拡張しすぎているというか。

とりあえず演出がすぎるんですよね。特に最近は…。

  

なんで、当分はこのパターンの作品は観きれないだろうなぁなんて思ってたりします。

今後もっと風の時代が進んでいくと、根性系とか逆境を乗り越えて〜的アプローチより、高田順次のキャラ設定みたいに「楽しくふざけてたら幸せだったわ」ってな感じのノリのストーリーがウケてくるんじゃなかろうかと思うんですよね。

  

過去より今。今までの過程より今楽しんでて何をクリエイトしているか。ってことの方にフォーカスする時代になるんじゃないかってね。

まぁ何事も極端に満ちると逆転が起こりやすくなるのはセオリーなんで、今までヒーローズジャーニーを擦りすぎたってことなのかもしれません。

  

とはいえ、たまにはゴリゴリの人間劇場的ストーリーをつまみ食いしたくなると思うので、それはそれで残っていくと思います。

  

なんだか超個人的といいながら、勝手に時代の流れを語ってしまいましたね。

この答え合わせは2025年あたりってことで、ゆっくり見守りましょうや〜。

あでゅ〜。

関連記事